犬のしつけと叱り方

しつけと叱り方について考えたサイト!hu221

犬の首輪ハーネス専門ショップHundAフントア

犬のしつけと叱り方1

しつけ

言葉が通じない犬をしつけていくのは意外と大変なことだ。本屋に行くとしつけに関する本は実に多くある。気がつくのはやっぱりどの本も生後2~5ヵ月の幼い頃がもっとも大事だと書いてある。これは意外と人間も同じことだ!

犬のしつけと叱り方2

しつけのポイント

しつけというとどうも身構えてしまう。理論的に教え込もうとしてしまうものだ。でも言葉の通じない相手をどうしたらしつけられるのか?それはなんでもないこと、愛情を注ぎこめばいいのです。まさに赤ちゃんをしつけるのと同じことなのです。

人間の赤ちゃんは、言葉が通じない。でもお母さんが赤ちゃんに対して、一生懸命話しかけながら愛情を注ぎ込んでいる。そして何より、必要なことをちゃんとしつけているのだ。犬と言っても同じ生き物であり、愛情こそが一番のしつけ方法かもしれない。

犬のしつけと叱り方3

叱る人

お散歩途中に、犬を叩いて叱っているシーンを見かけることがある。何か強い口調でいいながら犬の頭を叩いている。もしかしたら自分の子供にも同じようなことをしているようにも見える。

でも犬は叩かれても反省はしない。叩かれて、怖いとは感じても、自分が悪いことをしたから叩かれたとは思わない。なぜなら、そんなことを思うような脳の構造にはなっていないのだ。

犬のしつけと叱り方4

叱り方ポイント

まず短い言葉で、やってはいけないことをやめさせる。「いけない」というような一言でいいだろう。例えば犬はなんでもやたらに噛みたがる。だから噛んでほしくないものを噛んだら「いけない」と強い口調で言ってやめさせるのだ。多分これでいぬは叱られたと思ってやめるだろう。そうしたら今度はそのことをほめてあげる。「よしいいこだ」でも「えらいぞ」でも言葉はなんでもいい。頭をなでながら、もう怒っていないとういことが犬に伝わればいい。これで犬は安心する。

短い言葉で叱り、時間をかけてほめてあげる。これが犬を叱るコツだ。人間といっしょにすると少々叱られるかもしれないが、これは子供をしかる時も同じことである。

犬の首輪ハーネス専門ショップHundAフントア

関連リンク 中型犬ハーネス種類

Copyright 犬のしつけと叱り方 サイト All Rights Reserved.